ORGANIC COTTON

Save Our Soil S.O.S. from Texas

オーガニックコットンとは

オーガニック農産物などの生産方法基準に基づいて、3年間以上、農薬や科学肥料を一切使用せずに、認証機関に認められた農場で栽培された綿花のことを、“オーガニックコットン”と呼びます。一般的な綿花栽培では、効率化や人件費削減の為に大量の農薬と科学肥料が使用されています。農薬とは、害虫駆除、殺菌消毒、防カビ、雑草の管理、収穫前の落葉剤などを指し、これらは地球環境、農家の人達の健康に少なからず影響を与えます。それに対し、オーガニックコットンの栽培は、前述の通り認証機関の認証が必要です。基準に定められた有機肥料を用い、禁止されている農薬は一切使用せず、農地となる土壌作りをしなければなりません。害虫駆除は手作業と昆虫の力に頼り、落葉剤を使用しないため自然と葉が落ちるのを待ちます。何倍もの時間と手間がかかる栽培方法です。

地球環境改善を目指すサステイナブルな輪を広げていこう

一般的な綿花栽培で使用する化学肥料と農薬によって、過剰な化学肥料が土壌に残ります。土壌に残るということは、地下水が汚染されてしまい、微生物が減少、消滅することに繋がります。微生物の減少は、本来の地球・土壌が持っている自然の力が減少してしまうということです。

オーガニックコットンは、栽培方法の面でとても困難が多いと言えますが、間違いなく地球や人体に優しい素材です。S.O.S. from Texas のフィロソフィーである「より良い土を共有し、次なる環境改善に繋げていきたい」。その想いを胸に、オーガニックコットン栽培を続け、アメリカテキサスという地から、地球に生きる多くの人々に、地球環境改善を目指すサステイナブルな輪を広げていきたいと考えます。

ORGANIC COTTON PRODUCTS

オーガニックコットン商品一覧を見る